l'orbite elliptique

  あらゆる方向に進め!

2005-06-01(Wed)

旅するMC-1 [旅日記]

画像(299x450)

*ist DS+smc PENTAX-DA 40mmF2.8 PgmAE EV0.0 WB:Auto ISO200

 土曜日に大阪を発ち、日曜日のポタリングを経て月曜日の昼の大阪へ帰ってきました。んでその足で勤務に入ったりしてたんでなかなか疲れがとれないと言うかやる気が起こらないかというかで写真のアップが遅くなってしまっていました。

 間もなく消える大阪駅11番ホーム。旅の起点として永年馴染んできたこの風景が消えるのは少し寂しいものです。
 出発前、MC-1と荷物が佇んでいますよ。

画像(338x450)

CASIO EX-P505 PgmAE EV0.0 WB:Auto ISO100

 同じMC-1でありながらも、それぞれのスタイルで姿が変わります。輪行カバーも三者三様。そしてその中身がまたなにやら違って見えるのは気のせいではありません。

画像(450x299)

*ist DS+smc PENTAX-DA 40mmF2.8 PgmAE EV0.0 WB:Auto ISO200

 ほらね。
 そのスタイルはMC-1に他ならないのですが、あちらこちらが違います。
 それにしても3台も並ぶと、アルミポリッシュの輝きが眩しいデス。傍から見るとさすがに「なんだなんだ!?」と思われるでしょうネ。

画像(450x299)

*ist DS+smc PENTAX-DA 40mmF2.8 PgmAE EV0.0 WB:Auto ISO200

 単なる道路脇の植え込みに見えますか?見えますね。
 
 でもこれ、富山地方鉄道射水線(昭和55年廃線)の「鯰鉱泉前」駅のホーム跡なんです。ちゃんとコンクリートのホームが隠れていましたし、ホーム上には待合室の基礎も…。
 
 日曜日のポタリングは射水線の廃線跡からスタートするコースだったのですが、ほとんどの区間が道路(一般道・バス専用道・自転車道)なので容易に跡を辿れるのでありました。

画像(299x450)

*ist DS+smc PENTAX-DA 40mmF2.8 PgmAE EV0.0 WB:Auto ISO200

 これがその自転車道。単線の廃線跡をそのまま転用したもので、一般道と交差するたびに自動車の侵入を防ぐためのガードによって減速を強いられます。
 
 シケイン?

画像(450x299)

*ist DS+smc PENTAX-DA 40mmF2.8 PgmAE EV0.0 WB:Auto ISO200

 自転車道の終点近く・新湊市にて。
 道路に沿って流れる用水にたくさんのコイが泳いでいます。わたしたちが近づいていくとコイのほうも近づいてきます。どうやら「えさをくれる人」と思われたのでしょうか。
 スマン、あげられるものを持っていないんだよ…。
 
 【場所はこのへん】

画像(450x299)

*ist DS+smc PENTAX-DA 40mmF2.8 PgmAE EV0.0 WB:Auto ISO200

 新湊市の堀岡と越ノ潟の間をつなぐ県営渡船。料金は無料です。
 富山新港が建設されたので道路も鉄道も分断されてしまった代償として運行されています(その後富山側の鉄道は廃止。それが射水線というわけ)。両岸をつなぐ橋の建設が進む中、この渡船はどうなるんでしょうね。
 案内文が日本語・ロシア語・英語の順で書かれていたのが土地柄を感じさせるものでした。

画像(450x299)

*ist DS+smc PENTAX-DA 40mmF2.8 PgmAE EV0.0 WB:Auto ISO200

 こっちは「如意の渡し」。小矢部川を渡る小さな渡船で、MC-1が3台も乗れば甲板がいっぱいになってしまうぐらいですよ。
 ここの船員さんが気さくなおじさんで、ほんの短い間の「船旅」でしたがいろいろ雑談に花が咲きました。やっぱ同じMC-1が3台も乗ってくれば興味を惹かないわけがありませんもの。

画像(450x299)

CASIO EX-P505 PgmAE EV0.0 WB:Auto ISO50

 晴れていたとはいえ空気が霞んでいたため海を挟んで立山連峰を拝むことはできませんでしたが、海に沿ってのんびりと走り、いまやブリで一躍知名度のアップした氷見に到着です。
 で、おやつに浜焼きの岩ガキなど…。うまかったっす。
 
 himajimeさん・とんさあさん、ありがとうございました&お世話になりました(拝。

Posted by Nia at 23:47

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://phoney.jp/nia/tb.php?ID=161

ページのトップへ ページのトップへ

6

2005


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

Nia

この世は衝動買いで回っています。
about more...

■twitter

follow kenchan_bell at http://twitter.com

PHOTO

「描ける」けど「書ける」かどうかは。

「描ける」けど「書ける」かどうかは。

荒神さんの秋の色

荒神さんの秋の色

Le soleil couchant

Le soleil couchant

■sommaire
camera
cycle
texts
■boutique
鉄道系デザインアパレル・railArts

Recherche


Categories

Les notes récentes

Commentaires

Trackbacks

Lien

[ photo ]

[ velo ]

PENTAX PEOPLE

NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です
管 理 人 必 死 だ な

Banner

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2011 EBATA,Bell / Phoney.jp Tous droits réservés.