l'orbite elliptique

  あらゆる方向に進め!

2009-10-12(Mon)

6橋走破でコンプリート! [旅日記]

画像(367x550)

来島海峡大橋上で

 …ってゆーかスタンプラリーしてたんじゃないですけど…。
 ということで、友人S氏としまなみ海道を走ってきました。

画像(550x367)

因島大橋

 スタート地点として尾道から走り始めたのですが、少しでも費用を節約しようと姫路〜福山間だけ新幹線を使うというケチさ。しかも3連休初日ってのをナメてかかってたら乗るはずの列車が自由席通路まで満員で1本後(しかもデッキ立ったまま)になったりと予想外なコトもありましたがこの程度は余興みたいなもの。道中機材トラブルもなく無事走り終えることができました。

画像(367x550)

生口橋

 しかしさすが「名にし負う」しまなみ海道ですねぇ。自転車利用者に対する環境整備が見事になされている。そもそも「高速自動車国道」の橋に人道&原付・自転車道を併設してること自体稀有なのに加え、それで本州〜四国を渡るツーリングができるのですから人気の高さも当然でしょう。そしてレンタサイクルなども充実させ観光資源として生かす仕掛けをしているところが素晴らしいです。
 それぞれの橋はなにせ「高速道路」ですし、来島海峡は言うに及ばず船舶の航行も盛んなので海面からの高さが結構ある。そのため少々距離は長くなりはしますが勾配を緩くしたアプローチ道をきっちり整備してある点、さすがです。

画像(550x367)

 歩行者は通行無料ですが自転車は各々橋によって50円〜200円、全線で500円の料金がかかります。そこで便利なのがこの「しまなみサイクリングクーポン」。50円券×10枚の綴りになっています。しかも今回、開通10周年の記念限定チケットはなんと通常の半額!250円で全線渡れるというお得なモノを使うことができました。

画像(550x367)

しまなみ旅館。オススメです。

 尾道〜今治間はサイクリング道経由で約71キロですから1日で走破することも無理ではないのですがそれではもったいないということで途中の伯方島で泊まることに。お昼前からのんびり走り始めて日没ごろに民宿「しまなみ旅館」に到着。和室素泊まりバス・トイレ共同で4,500円という安さで決めたのですが清潔で宿の方もたいへん親切。というのも、夕食前にチェックインして荷物を降ろし、軽装で食事に出かけようと思って宿の方にお店を訊いたりしていたら…

 「車をお貸ししましょうか?」と天からの囁き(笑)が。

 いやね、最初は当然自走するつもりだったんですよ。でもそこそこ疲れてましたし一度腰を落ち着けてしまうと…ということでありがたくご厚意にあずかることに。で、あたりをつけた店に向かう道は案の定というかアップダウンが激しくつくづく車のありがたさを感じてしまったというなんだか妙な体験もできたりして。

画像(550x367)
画像(367x550)

来島海峡大橋

 前日から自転車道の随所に「来島海峡大橋サイクリング大会」との看板が立っていたのでなんだろうと思っていたらこの日が開催日だったんですねえ。ちょうど我々が来島海峡大橋へのアプローチにさしかかった頃から反対方向へゼッケンをつけたサイクリストが大挙走っていきました。

 3つの橋が連なった来島海峡大橋を渡り終え、これで全橋制覇&四国上陸。しまなみはこれで終わりですが我々は進路を西に。今晩のフェリーに乗るため松山をめざします。かつては阪神〜九州間の航路で今治に寄港する便もあったのですが今は松山に寄港する大分からの1便だけになってしまいました。これも「高速道路1000円」の悪影響なんですよねえ。内航航路が軒並み経営悪化して廃止される航路も少なからずありますから…。

 ここへきて昨日から出ていた膝の痛みだけでなくお尻もキツくなってきて、幸いにもおおよそが海沿いで平坦な道路なのでこまめにシフトアップして回転数とトルクを抑え気味に走りましたがなかなか辛かったー。おかげでこの区間、ほとんど写真撮ってないっす(泣)。

画像(367x550)

道後温泉本館

 そんなこんなで頑張りながらともあれ松山着。時間も早いので道後温泉でひとっ風呂浴びていくことに。いつも以上に大盛況の道後界わい、本館も階上は満員札止めでしたが入浴にはさして影響なく、足腰にたまった疲れを癒すことができました。このあと食事した後に松山観光港まで走ったんですが、明らかに入浴後は膝の痛みがかなり緩和されてました。普段温泉に入って効能が書かれたものを見ても「ふーん」としか思わないものですが、今回は「温泉スゲー!」と実感しましたよ。

画像(367x550)

「さんふらわあ こがね」1等船室

 松山観光港から乗船するダイヤモンドフェリーの「さんふらわあ こがね」、これまで幾度か2等船室には乗船しましたがカーペット桟敷に毛布1枚分の「指定席」がみっちり並ぶというのは少々キツさを感じていたので今回は1等船室を確保。お値段はアップしますがその快適さはまさに雲泥の差。1隻あたりの数が少なく相部屋不可なのでこれまで利用する機会がなかったのですがここまで違うとは(大げさ?)。

画像(550x367)

ブレてますが夜の来島海峡大橋です

 22時半ごろ来島海峡を通過するということでデッキに出て自分たちが走って渡った橋を下から眺めて感慨に耽ったあとは就寝。そして朝6時少し前大阪南港に接岸。自宅までの自走途中に喫茶店でモーニングを摂ったあとS氏と別れそれぞれの帰途に着いたという按配でございます。

画像(550x367)

夜明け間もない大阪南港に到着

Posted by Nia at 15:55

コメント

>さんぴさん

 本当によかったすねえ。今度は「とびしま」も行ってみたいです。

>Win88さん

 お久しぶり〜。
 うーむ、タバコを吸わないのでジッポーは縁がないけど、これはいい感じだなぅ。

Nia 2009-10-26 14:01 [削除]

ご無沙汰しております。

すごいですね。
私は高所恐怖症なので無理ですわ(汗)

こんなの出ますよ(名前をクリック)。

win88(セガサターン15周年) 2009-10-25 01:31 [削除]

ほんま楽しかったですなあ
しまなみがもうすでに懐かしい
又行きましょー

さんぴ 2009-10-19 22:07 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://phoney.jp/nia/tb.php?ID=530

ページのトップへ ページのトップへ

10

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Nia

この世は衝動買いで回っています。
about more...

■twitter

follow kenchan_bell at http://twitter.com

PHOTO

まさにanother view

まさにanother view

収集する気はないけれど…

収集する気はないけれど…

ブーム過ぎてから撮ってみる

ブーム過ぎてから撮ってみる

■sommaire
camera
cycle
texts
■boutique
鉄道系デザインアパレル・railArts

Recherche


Categories

Les notes récentes

Commentaires

Trackbacks

Lien

[ photo ]

[ velo ]

PENTAX PEOPLE

NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です
管 理 人 必 死 だ な

Banner

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2011 EBATA,Bell / Phoney.jp Tous droits réservés.