l'orbite elliptique

  あらゆる方向に進め!

2010-05-23(Sun)

ツアー・オブ・ジャパン 奈良ステージ [Photo]

画像(550x365)

 またまた時期を逸したポストですみません。

 翌日の第2ステージは奈良。布目ダム周回コースで行われました…って、やっぱり行ってしまいました。当日夜から泊まり勤務なのに(^^;

画像(365x550)

 一応スタート地点は東大寺大仏殿前なのですが、市街地を抜けた地点までのパレード走行のあと車で布目ダムまで移動してレースを開始するという運び。参道を半分仕切って選手たちがスタートしていきます。どうみても観光客はほとんど知らずに来ていたみたいで何か珍しいものを見るようなまなざしで観戦しておりました。

 ここからは観戦用無料バスで移動しますが、JR奈良駅を始発に近鉄奈良駅・大仏殿前で客を乗せて布目ダムまで3便・計5台のバスが運用されてました。これが平日なのに結構なお客さんで満員。しかもダムまではそこそこの峠道で更に途中からは交通規制を避けて普通車でも走りたくないような地道を登っていくのですから。現地に着いた時点でひと仕事終えたような感覚ですよ(^^

画像(550x367)

 スタート・ゴールの堰堤サイドには規制前に着いていただろう人たちや自力で登ってきた人の自転車も。

画像(550x367)

 飲食の屋台もあってまるでピクニックに来たようです。そう、そんな気分でのんびり楽しむのがいいんですよね。しかもこのステージもダム湖をまわる周回コースでのレースですから堰堤上を移動すれば気軽にレースを2地点で観戦できますしね(徒歩で同一周回を見るには選手が速すぎて厳しいのですが)。

画像(550x365)

 スタート!さすがにマスドスタートは迫力がありますねー。

画像(550x365)

 補給ポイント前を通過する集団

画像(550x365)

 堰堤を歩いてダム湖の反対側で。タイム差を知らせるボードを先頭集団に掲げているところですね。

画像(550x365)

 それを追走するメイン集団。

画像(550x365)

 フィニッシュ!この日の優勝はデローザ・スタックプラスチックのクリスチアーノ・サレルノ選手でした。
 ちなみにサレルノ選手、総合優勝も飾りました。さっすがLPRの血をひく強豪チームの選手だけのことはありますねー。

Posted by Nia at 17:32

コメント

>Yoshiえ?!さん

 現地で観戦したのはこれが初めてですが、実物を見ると世にいう「グラン・ツール」も現地で見てみたいという欲求が湧いてきますねー。
 「サクリファイス」は題名ぐらいしか知らなかったのですが、ご紹介いただいたことで読みたくなりました。ありがとうございます!

えばたベル/Nia 2010-06-08 13:04 [削除]

わたしは自転車競技の面白さを、サスペンス&ミステリー仕立ての小説『サクリファイス』(『新潮社』近藤史恵著)を読んで知ったわけですが、直接見ることのそれはまた格別なんでしょうね。

Yoshiえ?! 2010-05-25 01:50 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://phoney.jp/nia/tb.php?ID=568

ページのトップへ ページのトップへ

5

2010


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

Nia

この世は衝動買いで回っています。
about more...

■twitter

follow kenchan_bell at http://twitter.com

PHOTO

水都逍遥

水都逍遥

仏恥義理(間違い)。

仏恥義理(間違い)。

青丹佳し秋の色

青丹佳し秋の色

■sommaire
camera
cycle
texts
■boutique
鉄道系デザインアパレル・railArts

Recherche


Categories

Les notes récentes

Commentaires

Trackbacks

Lien

[ photo ]

[ velo ]

PENTAX PEOPLE

NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です
管 理 人 必 死 だ な

Banner

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2011 EBATA,Bell / Phoney.jp Tous droits réservés.