l'orbite elliptique

  あらゆる方向に進め!

2010-09-26(Sun)

ソウルできわきわ鉄ちゃん(3) [旅日記]

画像(550x365)

 きわきわシリーズもようやく最終回となりました。

画像(550x365)

 ここはソウルと春川を結ぶ京春線の花郎台(ファランデ)駅。見るからにのどかな雰囲気が漂う駅ですが実はソウル市内。首都圏にたったひとつ残った「簡易駅」なのです。

画像(550x365)

待合室

画像(365x550)

「列車時間表」

 待合室に流れるのんびりした空気。この駅に停まる列車は1日あたり上り4本・下り3本のみ。
 実はこの駅、現在工事中の京春線電鉄化工事で付近の線路移設に伴い廃止されてしまうのです。ということで韓国内でもちょっとした観光スポットになっているとか。時刻表の下にぶら下がっている紙束は日本でも良くある「駅ノート」でした。

画像(365x550)

「私たちの駅から列車に乗ることができる日は?!」

 カウントダウンの数字がせつない…。

画像(550x365)
画像(365x550)
画像(550x365)
画像(550x365)

 改札を出ると小さな花壇があり、蝶やトンボが飛び交っています。近くを交通量の多い道路が走り、駅のすぐ横には陸軍士官学校というなんともいえないロケーションですが、この駅の空間はそんなことを微塵も感じさせない緩やかな空気に包まれています。

画像(550x365)

貨物列車(左)と南春川ゆきムグンファ号(右)

画像(550x365)

 列車の姿を撮っておこうとホームで待っていると先に貨物列車が。そして南春川ゆきのムグンファ号がこれまたアメリカンスタイルのディーゼル機関車に牽かれて入ってきました。

画像(365x550)

 ムグンファ号が発車したあと、貨物列車はここで貨車数両を切り離して側線に押し込み、身軽になって出発していきました。列車が去ってしまったあとはまた元の静かな空間に。廃止後跡地一帯は鉄道を記念する公園・遊歩道として整備されると聞き及んでいますが、ソウルにありながらゆったりとしていて旅情をも感じさせる駅がその役目を終えてしまうのは寂しいことです。

Posted by Nia at 21:01

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://phoney.jp/nia/tb.php?ID=585

ページのトップへ ページのトップへ

9

2010


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

Nia

この世は衝動買いで回っています。
about more...

■twitter

follow kenchan_bell at http://twitter.com

PHOTO

おえかきしてみよう

おえかきしてみよう

大宇陀散策ポタ

大宇陀散策ポタ

ポタリングのつもりが…

ポタリングのつもりが…

■sommaire
camera
cycle
texts
■boutique
鉄道系デザインアパレル・railArts

Recherche


Categories

Les notes récentes

Commentaires

Trackbacks

Lien

[ photo ]

[ velo ]

PENTAX PEOPLE

NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です
管 理 人 必 死 だ な

Banner

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2011 EBATA,Bell / Phoney.jp Tous droits réservés.