l'orbite elliptique

  あらゆる方向に進め!

2004-08-30(Mon)

a-Blog beta10に更新中 [雑文]

 表示が一部おかしい部分がありますがしばしお待ちくださいませ。

Posted by Nia at 12:15   パーマリンク

2004-08-29(Sun)

なんでこんなに重いんだろ。 [雑文]

 Livedoorのブログって重くないですか?時間問わず。

 日本橋Blogとか、
 アキバBlogとか。

Posted by Nia at 00:31   パーマリンク

2004-08-24(Tue)

天は我を見捨て給うたか [旅日記]

画像(400x267)

*ist D+SIGMA 55-200mmF4-5.6DC PgmAE WB太陽光 ISO200(PSCSで明るさ+調整)

 朝起きるとなんか晴れてますよ?昨日の天気予報では朝のうちまで雨でその後くもりだったのに。おかげでセミまで出てきました。それも駅前の若い植木、しかも地上から1メートルほどの場所でみんみん鳴いてました。みんみん鳴くセミは関西では珍しいのでっていうかこんな近くで(1メートルほど)撮れたのも珍しいこと。もうちょっと近づいて…と思ったら逃げられましたけど。
 背中にこんなきれいな緑色の模様があるとは知りませんでしたねー。

画像(400x267)

*ist D;DA16-45mmF4AL PgmAE 1/60sec F4.5 EV+0.7 WB太陽光 ISO200

 ホテルのチェックアウトを済ませ、上田城跡へ自転車で(ちょっと登り坂)。このきれいなけやきの緑道、二の丸堀の跡なんですがそれに加え、鉄道の廃線跡でもあるんです。昭和47年に廃止になった上田交通真田傍陽線がそれ。ここは「公園前」駅のあった場所でホームがそのまま残っています。トンネルに見えるのはコンクリートの橋。電線を通していた碍子も残っていました。

画像(400x267)

*ist D+DA16-45mmF4AL PgmAE 1/60sec F5 EV+0.7 WB太陽光 ISO200

 これも鉄道が通っていた事を示す痕跡。架線柱の土台です。

 この時点では良く晴れていますが、程なく太陽は雲に隠れてしまい、おまけに小雨まで降り出すではないですか。結局ずーっと不安定な天気にさいなまれていた(昨日は特に)感じがします。こと自転車を主力の移動手段にしているとこれはちょっとツライですわね。
 この後城跡をぐるっと見て回り、市立博物館など観覧して上田駅に戻りました。
 ほんとうはこの夜の夜行バスで大阪に戻るつもりだったのですがこの天気の状況とか昨日のハードさがたたってちょいと疲れがたまってたので予定変更、往路と同じく名古屋経由の列車利用で帰宅することに。しなの鉄道(長野新幹線開通時にJRから分離された信越本線軽井沢〜篠ノ井間を運営する第3セクター会社)で篠ノ井まで出て、そこから「ワイドビューしなの」で名古屋へ。そしてここも往路と同じ近鉄のアーバンライナーで大阪へというコースでもって帰宅となりました。
 帰りのアーバンライナーは新型のアーバンライナー・ネクスト。レギュラーシートでも座席はバケットタイプで「包まれ感」に優れるもの。また足元も広くゆったりとしていてさすがな感じです。で、今回も進行方向最後尾の席を確保できたので座席と客室仕切りの間に自転車を置いたのですが、なんと縦(長手方向)に置くことができるぐらいの広さ!これには参りました。

 今回の旅行、移動手段として自転車をメインにフィーチャーした初めてのものでしたが、帰ってきて振り返ってみて様々な課題や改善点があるなーと思いました。荷物のチョイスやパッキング、自転車を更に持ち運びしやすく・使いやすくするには?とかとか…。
 ハードとしての自転車に詳しくないばかりかソフトとしての「運用」もずぶのしろうとな私ですから、自転車に精通している方々から見ればへたれで甘っちょろい事しか書いてないだろうしそんな事も知らんのか的な記述も多々でしょう。でもね、そんな人間でも便利に楽しく使えるもんであって欲しいじゃないですか、このMC-1という自転車は。そしてMC-1だけじゃなく折りたたむことで世界の広がる自転車は。だもんで無理無知承知でありのまま書いてはツッコまれるのもいいかなーと思ったり思わなかったりそれ以前にこのWEB見てる人自体ロクにおらんのにツッコむもツッコまんもありゃーせんがやと突然似非名古屋弁になってしまうNiaでありました。

 …あー足の筋肉ヨレヨレ…。

Posted by Nia at 21:50   パーマリンク

2004-08-23(Mon)

雨煙の塩田平 [旅日記]

画像(400x266)・拡大画像(640x427)

*ist D+DA16-45mmF4AL PgmAE 1/20sec F4 EV0.0 WBオート ISO200

 長野での日程を終え、次の目的地である上田へとやって来ました。
 …しかし天気は最悪。くもり時々雨でその雨も結構降っています。やみ間があるのは幸いでしたが、自転車での行動は大きく制約されるんですよねえ。
 そしてもう1つ制約条件が。上田と別所温泉を結ぶ上田交通が輪行の自転車を手小荷物とみなして1回乗車ごとに300円とるんですよ。2日間のフリーきっぷが1500円でこれは使える!と思ったのもつかの間。これにはがっくしでありますのことよ。
 ま、なにはともあれ別所温泉まで行ってみます。所要時間は約30分、終点の別所温泉駅は趣のある木造駅舎が魅力的です。
 写真は待合室の壁にかかった古色蒼然とした路線図。色分けされた太線のうち赤が鉄道、と書かれていますが、じつはバス(「自動車」と書いてあるが)とされる青や黒の線もかつてはこの上田交通の鉄道線でした。っていうかそうでなければこの路線図はあまりにも不自然なんですが。で、よくよく見ると青や黒の下には塗り残した赤色が見え隠れしているのでありました。

画像(300x449)

*ist D+DA16-45mmF4AL PgmAE 1/320sec F7.1 EV0.0 WB曇天 ISO200

 別所温泉は駅から更に坂を上ること10数分。これはなかなかキツかったですね。んで日もまだまだ高いってゆーかお昼時ですから入浴はせずに塩田平の寺社群に向かって進むことにします。
 しかーし!ガイドブックには「アップダウンはたいしたことない」ように書かれていたのを鵜呑みにしたのが運の付き、この後上り下りで苦しむことになります。最初に訪れた中禅寺へはそのアプローチで厳しい上り坂。折から強くなりだした雨もあって体力を消耗してしまいます。
 上の写真は途中にあったバス停。「小学校前」ではなく「跡」になっているのは後に写っている小学校が既に廃校になってしまったからなのでしょうか。
 いやね、この頃はまだ余裕もあったんですよ。でも中禅寺から先はもうかなりどうでもよくなってました。雨だったし。
 中禅寺から先のルートはこれが困ったことにいたる所で道路工事をしていました。おかげでただでさえ上下の激しいコースが迂回によって更にひどく。途中の寺社に寄る気も失せてしまっていました。だって、どこもみな山門からずずーっと山登りなんですもん。

画像(400x267)・拡大画像(449x300)

*ist D+DA16-45mmF4AL PgmAE 1/160sec F6.3 EV+1.0 WB曇天 ISO200

 そんな中でもここだけは寄っておきたかったのがこの無言館。戦没画学生慰霊美術館の名の通り、心ならずも筆を銃に持ち替え戦地へ赴き遂に帰ることの無かった多くの画学生の作品を展示しています。館の名の通り、無言で訴えかけてくる絵。それはあまりに純粋で、観覧者をも「無言」にさせます。作品を見ている瞬間は「無」に、そして館を出た後でいろんな想いがどっと押し寄せてくるような、そんなところでした。
 そんな塩田平に別れを告げ、一路上田を目指して走ることにします。予定では塩田町あたりから電車に乗せて上田へ帰れれば…って感じだったんですけどね。1回300円ずつ取られたんじゃたまりませんから。
 しかし、道路の看板で上田まで7キロと書いてあるのを見て、「なーんや楽勝やん」なぞと思ってしまうのはここ3日間で出来た余裕のように見えて実は単なる自惚れなのでしょう。腕やら足やらおケツやら痛いくせに…。

画像(400x267)・拡大画像(449x300)

*ist D+DA16-45mmF4AL PgmAE 1/20sec F4 EV-0.7 WBオート ISO200

【おまけ】
 上田での宿泊先であるホテルサンルート上田の室内。禁煙シングル指定なんですがベットはダブルサイズだしテレビ兼用液晶ディスプレイのパソコン完備となかなかの充実っぷり。バスルームも広いっす。
 今回長野でもサンルートに泊まりましたがなかなか評価優秀ですよ。値段はそれなりだと思うしね。

【ディスプレイはメルコのFTD-W17VS、パソコンは日立のPC8DG3-V108P1C0P】

Posted by Nia at 23:23   パーマリンク

2004-08-22(Sun)

轍は夏草に消えて [旅日記]

画像(300x449)

*ist D+DA16-45mmF4AL PgmAE 1/200sec F7.1 EV+0.7 WB曇天 ISO200

 昨日までの天気予報だと晴れのち曇り、遅くになって雨という予報だったので少し早めに行動開始。朝食もそこそこにまずは2年半前に廃線になった長野電鉄「木島線」(信州中野〜木島。本当は河東線の一部区間だけど「木島線」で通っていた)の廃線跡探訪に出かけました。
 信州中野駅に降り立ってまずは聖地拝礼。それから自転車で線路敷に近づいたり遠ざかったりしながら一路木島を目指します。交通量の多くない県道がちょうどいい具合に走っていたので各駅跡を見ながらのんびり流していきます。
 上の写真は途中の田上駅跡。このように木島線の跡はレール・枕木・架線がはずされた以外そのままになっています。

画像(400x267)・拡大画像(449x300)

*ist D+DA16-45mmF4AL PgmAE 1/250sec F7.1 EV0.0 WB太陽光 ISO200

 2時間ほどで木島に到着。駅舎はそのままにバスの営業所兼待合所になっていました。傍らには廃線になった当時の「さようなら木島線 ありがとう木島線」の張り紙が色褪せながらも残っています。そしてホーム側はご覧の通り。生い茂る夏草が侘しさを感じさせます。
 ここまで来る途中、木島線の代替バスが走っているのを見ましたが乗客はわずか。また終点・木島の雰囲気を見るに廃線むべなるかなといった状況だったのがまた寂しいかぎりでした。
 木島は飯山市の中にあり、千曲川を渡るとすぐに飯山の市街地。ということでJR飯山駅もほんのすぐそこだったので帰りは飯山線で長野へ戻りました。

画像(300x449)

*ist D+DA16-45mmF4AL PgmAE 1/200sec F7.1 EV0.0 WB太陽光 ISO200

 わたしの乗ってる自転車・MC-1はMade in 長野。そう、ここ長野の村山コーポレーション製なのです。ということで里帰り?ってなわけで駅から程近い聖地(またか)にお邪魔してきました。
 開発者でもある村山社長の風貌はWEBサイトやファンサイトで知っていましたが、お会いして話してみるととても気さくで陽気で話し好きのお方。近々発表の新機種(すごーく面白そう!)の記者発表や外国の展示会への出展のための準備で大忙しのご様子(そんな中おじゃましてすみません!)ながらも、MC−1、ひいては自転車の様々な可能性やアイデア、そして夢などなど時間を忘れて話が弾みました。いやー、行ってよかった。社長、どーもありがとうございました!あーんどごちそうさまでした!(お?

画像(300x449)

*ist D+DA16-45mmF4AL PgmAE 1/15sec F4 EV+1.0 WB太陽光 ISO200

 村山社長と話している間に降り出した雨はほとんどやんでいましたが時折ぱらぱらと水滴が落ちてくる状態。それぐらいならかえって涼しいぐらいですからね。
 川中島の古戦場跡を横に見つつ一路南へ、8キロほど走って長電の松代駅に到着。ここもなかなか雰囲気のある木造駅舎です。
 少し待ってやってきた電車に乗り屋代へ。2日間フリーきっぷなんで全線乗っとこうかと考えるのも貧乏性というか「鉄」根性というか…。屋代で折り返し須坂経由で長野に戻りました。
 自転車をホテルの部屋に放り込んで長野駅へとって返し、またもや長電の特急に乗車します。行き先は…

画像(400x267)・拡大画像(449x300)

*ist D+DA16-45mm F4AL PgmAE 1/8sec F4 EV0.0 WBオート ISO800

 そう、湯田中。普段使わない筋肉を酷使してるとさすがに疲れが…って単に運動不足やんかってなことなんですが。せっかく長野まできたんだしねってことでちょっと強行軍でしたが湯田中駅に隣接して立つ温泉楓の湯へ。

 やー、いい気持ち。疲れが癒されますわー。

 まだオープンして1年とちょっとしか経ってないってことで設備も新しく、またこじんまりとはしていますが露天風呂もあったりと気軽な立ち寄り湯にはいい感じですね。

Posted by Nia at 23:48   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2004


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Profil

Nia

この世は衝動買いで回っています。
about more...

■twitter

follow kenchan_bell at http://twitter.com

Photo

花火が彩る終着駅

花火が彩る終着駅

洗顔中

洗顔中

残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます

■sommaire
camera
cycle
texts
■boutique
鉄道系デザインアパレル・railArts

Recherche


Categories

Les notes récentes

Commentaires

Trackbacks

Lien

[ photo ]

[ velo ]

PENTAX PEOPLE

NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です
管 理 人 必 死 だ な

Banner

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2011 EBATA,Bell / Phoney.jp Tous droits réservés.