retour à l'accueil

[1er] Murayama Corporation MC-1  2004.7.11〜
Murayama corp. MC-1  鉄道を使った輪行をしてみたいと思い立って買ったのが「すべての始まり」になったこの1台。それまで自転車に全く興味がなかったので折りたたみ自転車の高価さに驚き、最初は欲しかったBromptonを諦めた後物色の過程で出会ったのが「面白そうで便利そうで価格がとりあえず妥協できた」このMC-1。これに出会わなければ趣味の一角を自転車が占めることもなかったしこれを通じて幾多の出会いもあった、ある意味「運命の1台」。
 既存の折り畳みとは趣を異にしたアイデアを持つが荒削りさを残すところがユーザーを惹きつけるのか、各自の好みで様々にカスタマイズされている。わたしのMC-1は5速→7速化・シフター&ディレイラー換装・折りたたみ時のキャスター大型化などを施している。

MC-1に関するブログエントリー

【メーカー】村山コーポレーション
【購入店】LORO Cycle Works
【情報】himajime自転車
[2e] STRIDA 3.3  2005.8.2〜
STRIDA 3.3  異才・マーク=サンダースによる独特なフォルムを持つフォールディングバイク。その乗り味も独特なもので、ベルトドライブの静粛性と漕ぎの軽さは速度こそ出ないもののとても軽快。ほとんど直立するような乗車姿勢から「セミリカンベント」と称されることもある。
 デザインが前面に出ているが、使い勝手の面でも構成部材の少なさ(パイプ3本!)のため折りたたみ機構もシンプルでトラブルが少なく、前後輪ともに片持ちでパンク修理・タイヤ交換がホイール脱着なしに出来るなどのメリットを有する。
 急坂は登れないしドラムブレーキのメンテナンスが素人には容易でないとかベルトが汚れてくるとすぐ鳴き始めるとかデメリットもあるが、独自の個性が「気に入ったら買い」な自転車。

STRIDAに関するブログエントリー

【メーカー】STRIDA.COM / Ming Cycle
【国内代理店】雙龍ジャパン
【購入店】くわはら自転車
[3e] Cruzbike Recumbent kit  2005.10〜
Cruzbike Recumbent kit 【Cruzbikeに関する記事】
リカつく!
【メーカー/購入店】Cruzbike
[4e] Sinclare reserch A-bike  2007.3.23〜
Sinclare Reserch A-bike
A-bikeに関するブログエントリー

【メーカー/購入店】A-bike.co.uk
【国内代理店】大作商事
[5e] Pacific Carry-me  2007.6.18〜
Pacific Carry-me  ルイガノからはLGS-CM、OXエンジニアリングからはPocketの名称で販売されているものと同じだがこっちはすべての製造元である台湾のPacificが自社ブランドでリリースしているもの。超小径ジャンルに入る8インチのフォールディングバイク。折りたたみは縦型で、キャスター輪を使って転がし移動できる。
 折りたたんだ状態でのまとまりの良さ(引き抜き式のハンドル以外)、そして見かけ以上に安定した走行性能、そして工業用の極小ピッチを採用したチェーン以外は汎用の自転車パーツを使っているためのカスタマイズ性など、独自のキャラクターを持ちながらピーキーでないところはさすが小径車専門のPacificといったところか。
 わたしのカスタマイズはグリップ・サドル・シートポストを交換、クランクを165mm→170mmに変更、キャスター輪をSmartcog"KOMA"のベアリング入りキャスターに交換しフロントのキャリア台座を使ってリクセンカウルのバッグ類を装着できるアダプターを取り付けたことなど。
 ちなみに本当はBB部に変速機"speeddrive"を組み込んだ上位機種が欲しかったが予算の都合で断念した。

【メーカー】Pacific Cycles
【国内代理店】マルナカ
【購入店】LORO Cycle Works
【OEM機種】LOUIS GARNEAU / OX Pocket
[6e] IKC ARKS501-customized  2007.11.13〜
IKC ARKS501  埼玉の「自転車工房」がプロデュースするミニベロのラインナップにあって、クロモリのホリゾンタルフレームを持つモデル。元々は補助ブレーキレバーのついたドロップハンドル・ノーマルステムに装着されたダブルレバーによる変速などもあいまってクラシックな雰囲気をかもし出していたが、購入後すぐにカスタマイズに取り掛かり、一度はSTIを含むTIAGRAコンポーネントで固めたロードレーサー仕様として完成した。
 しかしその後FELT Z70を購入したので「お気楽散歩仕様」に方針転換した。
 ※現在ブランド名はARKSからMICHELに変更されている。

【メーカー/購入店】IKC自転車工房
[7e] FELT Z70  2008.4.12〜
FELT Z70  某友人がフォールディングバイクを買う計画を明らかにしてからいろいろ相談に乗るうちロードレーサーに方針転換、それを真っ当に受けて感染発症。当の友人は結局元に戻って折りたたみ車(DAHON)を買うも、そのまま突き進んで買ってしまった。

【メーカー】FELT
【国内代理店】ライトウェイプロダクツジャパン
【購入店】サイクルランドナニワ
[8e] ORi M9  2008.12.20〜
ORi M9  自転車趣味の原点に立ち返り、輪行のための折りたたみ車について再び考え始めたところやはりBromptonか…と思っていたが、同じ英国デザインのこれが気になった。そして2008年12月のLOROFesでの試乗を機会に購入の運びに。
 国内ではまだまだ知名度が低く、個人ブログでユーザーを発見するのも至難の技という状況こそがヒトバシラー根性を大いに刺激した…というのもある(苦笑)。
 イギリス本国ではMEZZOというブランドで以前から展開されており知る人ぞ知る状況だったが、国外へは日本語のおりがみを語源とする(らしい)ORiの名でリリースされている。
 公にされてはいないが、製造はやはり台湾だと思われる。

【メーカー】ORibikes.com
【国内代理店】金澤輪業
【購入店】LORO Cycle Works

Sugimura PROGRESSIVE MTX-850S  2005.5.1〜2008.04.27
Sugimura PROGRESSIVE MTX-850S  MC-1で自転車を趣味として捉えはじめた過程で、「ふつうの」スポーツバイクにも乗ってみたくなったのがきっかけで購入。それでもまだ金銭感覚が「毒されて」いなかった(^^)ので知識も全くないまま飛び込んだ店で相談の上薦められたのがこれ。
 低価格のいわば「ルック車」に位置づけられるものだが、有名メーカーの廉価モデルよりもしっかりしたフレームで、当初からスリックタイヤ(マキシス"XENITH")を履いて街乗り用にすっぱりと徹した自転車。
 台数が増え用途が重なった機種が複数になったので整理のため2008年4月に会社の同僚に売却。

【メーカー】PROGRESSIVE BIKE
【購入店】サイクルランドナニワ

rien.

[Accueil]

Textes et images sans avis spécial par EBATA,Bell / Nia / Phoney.jp , Tous droits réservés.